スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

important × unnecessary

SM を実践していく上で、なにが一番大切なのかといえば、相手に対する信頼感なんだろうなと思いました。他にも、色々な要素はあると思いますが、それらもすべて、信頼感あってこその条件になってくるのだと思います。

SM という言葉に対するイメージは、一昔前に比べてかなりソフトなものになっていて、そういう中で、ちょっとした好奇心などから行為に及ぶ人も増えているでしょう。SM プレイに興ずるためのグッズも、ほとんどのものがお手軽に手に入るようになっています。恋人とそういったプレイを楽しむことは、割合的にどの程度なのかはわかりませんが、それほど特異なことでもないと思います。

それでも、SM のパートナーを見つけることは、単に恋人を作るのとは異質の難しさがあり、機会や場所も限られてきます。恋人に「目隠しをしてエッチしたい」「手錠を使ってみたい」といったことならリクエストできても、「ご主人様になりたい」「調教して欲しい」と頼むことは、次元が違うものだと思うので、本格的に SM 願望があり、それを満たしていくためには、やはりキーワード「 SM 」で検索をかけていくのが、踏み出しやすいはじめの一歩です。

そうして知り合った相手というのは、たいていの場合、オフラインの友人関係ではなく、匿名性の高いオンライン世界での知人として登場するわけで、彼なり彼女なりの言うことを、どこまで信用していいのか、冷静に見極めていく必要があります。といっても、それもなかなか難しい。世代間による意識の差はあるかもしれませんが、やはり実生活で知り合った人と、オンラインの SM 検索で知り合った相手とでは、緊張感を含めて様々な印象の違いがあるものでしょう。

けれど、SM というものを堪能していくのなら、相手に対する信頼感は絶対に必要です。
ごく当たり前の人間関係においても、それは必要でしかるべきものですが、SM の場合は、事件や事故に繋がるファクターも通常より多く散りばめられているので、より慎重な姿勢も求められるわけです。慎重であることは悪いことではなく、しかし、言い換えれば「疑い深く」ならなければいけないということなので、そのベクトルを信頼感に向けていくのは、想像以上にややこしかったりします。疑いを捨ててはいけない、信じなければいけない。しなければいけない、というくくりでいくと完全に矛盾してしまいそうな問題を解決するには、別角度からの解釈も必要となるでしょう。

もっとカラッと、サラッと、シンプルに出会って遊んで楽しめばいいじゃん、という立場もアリで、SM 関係の出会い系サイトなどで募集をかけている人の大半は、その範疇に入ると思います。ところが、それより少し踏み込んだ SM を覗いてみたい人ほど、さっき書いたようなややこしい問題を放り投げずに受け止めるものなので、真剣な人ほど欲する相手に巡り合いにくいという、歯痒い状態になりやすいですね。

安易に信じれば傷つき、どこまでも疑えば SM は成り立たない。
線引きをどこでするのか、そもそも線引きなんて単語を使っているうちは全然ダメで、自分の感性を育て、相手を選ぶときの直観力を身に着けるしかないのかもしれません。そんな自分になるためには、ある程度の経験も必要だろうし、別に SM に限らずとも、周囲の人との幸運な関わりも必要。そのほか、自分を磨いていく際の武器やきっかけとなる物事はいくらでも溢れているから、最終的に大切なのは、磨いていこうという気持ちでしょうか。


以前、知り合いのある女性に「もしあなたが結婚するとしたら、その家庭の中で何を一番大切にしていきたい?」を聞かれたことがあります。僕がその人と結婚するという話ではなく、結婚というものに関する話をしていて、その中で出てきた質問ですが。僕は、少し考えたあとで「自分かな」と答えを絞り出しました。「なにそれ、最悪だね~」みたいなことを言われたんですけど、僕としては「自分」という言葉の中に、凝縮した様々なものを詰めて答えたつもりだったんですよね。

どこまでいっても、「俺が、私が」の自己主張の塊な人も困るけど、どこかに自分を持っていないと、相手をきちんと見ることもできず、結果、信頼感は生まれない。「恋は盲目」の盲目は可愛げがありますが、いかがわしい新興宗教の信者が教祖に抱くような感情は、信頼感とは違うと僕は思います。

必要なのは信頼。そのために相手を見る目。そのために自分自身。そのために、と続くので、だから言葉は重たいんだよなとまた思う。本心を言いながら同時に嘘もついているようなストレスに蝕まれて、そういうときとても、意地悪くもなる。もう面倒な理屈はいいから、脱がせて舐めろと告げたくなる。大変そうでややこしくても単純なんだ。そうしたいだろ、そうさせたいよ。だから ブンッ



と、あーしてこーして笑いたいのです。

[ 2013/05/25 22:24 ] SM and Sex | TB(0) | CM(2)

ゆーり様

本当に出会うのは難しいです
特にこのジャンルは…

ネットが盛んになり出会いも手軽になったぶん
犯罪も増えましたね。

顔も名前も住んでるところも知らずに
会うのは不安です
ましてや、調教という特殊な事をするとなると
ちょっとやそこらの信頼感ではね

私も主とは、このブログで知り合いました
会うまでに時間をかけ納得してから会いましたが
やはり、不安でしたね^^;

[ 2013/05/27 00:20 ] [ 編集 ]

特に女性は、そういう用心深さを持ち続けることは大事なんでしょうね。どうしても被害者になりやすいのは女性の方ですから。

以前にサイトを通じてメールをもらった方で、初めて会うとなったとき、その場で免許証を見せるように頼まれたことがあります。そのときは大袈裟だなと思いましたが、よく考えてみれば、ある程度自然な希望ですね。

ただ、そのときは当然免許証を見せましたし、会うまでのやりとりも充分していたのでこちらに不安はありませんでしたが、仮にうしろめたいことがなくても、身分証を要求されたら男性側も「怖さ」を感じるのは普通だと思うので、そういう不安はお互いに持っているものだということも、心に留めておくといいのかもしれません。

ともさんは主様とブログを通じての出会いということで、良い方と巡り合えてよかったですね。これからも頑張ってください!
[ 2013/05/27 23:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/93-cd48a41a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。