スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手に職、尊敬

予告通り、ペンクリニックに行って参りました。

遠足の前日に眠れない少年のようでお恥ずかしいのですが、一睡もすることなく朝を迎え、やや重い頭を抱えながら到着すると、開催されていた書店はごく小さな店舗で、ちょっと驚きました。このところよく利用する、というか覗きに行く文房具店に比べると、万年筆の陳列スペースは10分の1程度であり、扱っている商品もごく限られたメーカーのものでした。内心、予想と違うなと思いながらも、しかし、職人さんの前に座って万年筆を渡したときは、ただそれだけで来てよかったなぁと感動。さすがに徹夜だったもので、頭の働きが鈍く、職人さんとの会話に集中しきれなかった点が少々残念です。近場で開催されることがあれば、また行ってリベンジしてきたいです。

肝心のペンの調子は、そもそも、僕は本当にズブの素人なもので、自分の万年筆に異常があるのかどうかもわからない。なので、この状態は正常なのかどうかを確認してもらうことに。なにやら小型の顕微鏡のようなレンズでペン先を覗きこみ、すぐに顔を上げた職人さんは、やはり異常が発生していることと、その異常を説明しながら、なんでもないことのようにあっという間に修正までしてくれました。何かを極めている人はカッコ良いです。

おかげで、いまはすこぶる快調。
使い始めて間もなかったので、指摘された異常以外は特に問題がないということ。
もう少し使い込んだ方が、自分の癖を覚えたペンになるということだったので、細かい調整はせずにおきました。

上に書いたように、商品の数は少なかったので、心配していた衝動買いもずいぶん抑えられました。まぁつまりいくつか買ったんですけどね。万年筆ではなく、インクやらメンテナンスキッドをぞろぞろと。

明日は日曜だし、ゆっくりとインクの色合いを楽しみながら、気の向くままに文章でも書いて過ごそうかと思います。

[ 2013/05/19 01:48 ] 文房具など | TB(0) | CM(6)

どうなってたんですか

ちょっと知りたい。万年筆クリニックの職人さんたち、
かっこいいですよね。有名な方になると、その人だけしかしない
「研ぎ方」とかがあって、愛好家があったりするんですよ。
そこらあたりまで踏み込むともう、限定版やら、新製品やら…
買い始めると多分際限なしにコレクション出来ます。
十万円が右から左ですからねえ。
私は3000円ぐらいまでの廉価版の世界にとどまろうと思っています(笑)。
[ 2013/05/21 07:08 ] [ 編集 ]

ペン芯の割れ目に段差ができていたようで、角度によって紙と接する面が半分になってしまい、インクの出方が悪くなっている、というようなことを仰ってました。出荷時にはないはずだ、と言っていましたが、特に心当たりもないんですよね。アタリハズレのあるものらしいし、良い勉強になりました。

セーラーのに、いろんなやつがありましたね。職人さんの動画も、探して片っ端から見てみましたが、格好良いです。色々調べてみたのですが、5万円を超えた辺りからは、品質というよりもコレクターズアイテムのような雰囲気なのであまり惹かれません。万年筆自体よりも、万年筆で書ける美しい文字が欲しいんだなと気づいてきました。

3,000円くらいの品、けっこういいですよね。
むしろいまの僕には書きやすいくらいです。
金ペンの柔らかさを堪能できるほどの境地に、まだまだ達せないようです…
[ 2013/05/21 23:06 ] [ 編集 ]

はじめまして

こんばんは。

初めてコメント差し上げます。

SMのランキングから来たのですが、万年筆に反応してしまいました。

私も九州で、ですが同じ日にペンクリニックに行って参りました。
同時開催でインク工房もやっていたのですが、両方お世話になりました。

そこでインクの話などしながら、ブレンダーの方の私物の万年筆を試させていただいたのですが、あまりの書き味の良さに感動してしまいました。
ちょっと書いただけで、全然違う!と衝撃を受けました。
自分の持っている万年筆の中にも、自分では『夢見るような書き心地』と思っているペンもあるのですが、まだまだ全然だと思い知らされました。

ますます今使っている子たちを可愛がって育てて行かなくっちゃと使命のようなものを感じたのでした。
自分の好みに相手を変えて行くってところがSMと万年筆は共通しているかな?どうでしょうか?
[ 2013/05/21 23:58 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
僕は、万年筆に関しては駆け出しもいいとこなので、正直なところ、感動的な書き味というのも、よくわかっていないかもです。でも、毎日楽しみながら書いているので、少しずつ、自分の癖をわかってくれてきたような、お互い相乗効果で成長していけているような気がします。夢見るような書き心地、いつのまにかそうなっている日まで頑張ります!

SM については、僕のスタンスは、自分好みに相手を変えていくというよりは、相手の持っている願望を引き出して解放させていくことが望みなので、好みに変えていくというのとは違うかもしれません。でも、お互いに向上していくということでは似ていますかね。けっこう、どんな事柄にも類似点があって、面白いものです。

また気軽に覗いてやってください。
お勧めの万年筆などあれば、ぜひ教えてくださいね。
[ 2013/05/22 16:30 ] [ 編集 ]

解放させていく…

私がパートナーに、
『あなたによって、こんなに私が変わった』
というような話をすると、いつも
『もともとキサラギの中にあったものを外に出す手助けをしただけだよ』
といつも言われます(u_u)

自分でも分からなかったけど、そういう願望を持っていたのかな?
ゆーりさんのコメントを読んでそう思いました^ ^

解放されて、お互いに向上していく、そんな関係がいいですね。
[ 2013/05/22 23:58 ] [ 編集 ]

Re: 解放させていく…

> 私がパートナーに、
> 『あなたによって、こんなに私が変わった』
> というような話をすると、いつも
> 『もともとキサラギの中にあったものを外に出す手助けをしただけだよ』
> といつも言われます(u_u)

僕も同じようなことを言います。
どこかで望んでいることでなければ、僕にはそれを引き出すことはできないでしょうし。
本心からイヤがっていることを強要しても、それを相手が望むようになるとも思えません。

中には、相手に染められることを望んでいる、という場合もあって、
極端になれば、とにかくめたらやたら虐げられたいという願望だって存在はしますね。
そういう人だと、僕は困ってしまいます。

キサラギさんは女性の方でしたか?
前回コメントで、なぜか男性という先入観を持ってしまいました。
素敵なパートナーさんがいらっしゃるようで、いろんな自分を発見できると良いですね。
[ 2013/05/23 01:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/88-620002bb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。