うごがはは


言葉の響きはもう幾星霜を経て今日この音に定まってきているので、いくつもの音が淘汰され洗練されていく中で残るいまのそれは、意識してみると見事という他ないくらいにナチュラルで美しい。

美しいという意味を持つ「うごがはは」なんて新語を流行らせようと思っても、決して普及せずに消え去ってしまうでしょう。音をどこまで細分化していけるのかわかりませんが、K の音は鋭利で力強さに儚さをも含み、G だとなにか淀んだ印象を受ける。極楽とか極悪とかいうときの「極」は K も G も含んで超越的だし、学生にはどちらに転ぶかわからない危うさを感じたりもする。すべて後付けでどうとでも言えることだけど、僕が大別できるひとつひとつの音にはそれぞれの持つイメージがあり、それら音の集合体としての単語にも、連なって形作られるフィーリングがある。いくつも継ぎ足していけるから、無限の気持ちが世界にはあって、ピシャリと言い表せる感情は片手で数えるほどしかない。

一人で想ってすらそうだから、二人で話せば相乗効果。
何かを理解することなんて、本当はできないようです。

それでも何か確かなものが欲しいなら、片手で数えるレアでデフォルトな気持ちの追求を。
美味しくて気持ちいい。眠い。

[ 2016/09/13 22:45 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/207-fa8e8d85