スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

受動的な、誰


よく、世の中なんでも思い通りにはいかないから面白いんだ、なんて言葉を聞きます。

本当にそうかなと思ったりもする。

なんでも思い通りになる方が、面白いんじゃないかと。

反面で、それはその通り、と納得する瞬間もある。
思い通りにならないことを、思い通りに近づけていく過程はたしかに面白い。
満足いく結果にならず、悔しい気持ちを味わうことも、その後の自分次第で悪くはない。
どうやら世の中、なんだかんだで面白いんでしょう。

だいたい、深刻に厳しい状況にいる人は、面白いか面白くないかなんて気にする余裕はない。
「あぁ、面白いことないなぁ」なんて言ってる人は、贅沢なのか怠け者なのかどちらかで、面白いことないなんて言ってる暇があったら探し出して面白がればいい。

閑話休題

普段はうまく、周囲との調和を考えながら職場で働く僕なわけですが、どうしようもなく反社会的な一面はあって、強い破壊衝動に駆られるときもそこそこあります。誰にでもあることだと思います。

手に持ったガラスのコップを、そこに立つ誰かの横の壁に投げつけて割って、金縛りに遭うその誰かの肌を、落ちた破片で傷つけてやりたいと。気まぐれに蹴り、張り、絞め、踏み、朦朧と転がる誰かを見下ろして、唾棄する。それなのに憎しみも悲しみもなく、恨みも怯えもなく、ただ僕への理解と圧倒的な愛情で包み込まれることができたなら、誰かの瞳にその意志を感じ取れたなら、気を失って眠れそうですね。

などとサイコパスな願望を内に秘めつつ、安心してください、穿いてますよと。

理性と良心を脱ぐことなんて、誰かといたらできない僕は。

良いと言うまでそこで僕を愛でててください。



[ 2016/09/02 22:48 ] SM and Sex | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/205-cae8ca63


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。