仕事が終わり、事務所から外に出てみると、凍てつくように寒い。

12月も末だから仕方がない。
昨夜はわりと暖かかったので、その反動で余計に寒く感じる。
僕は、暑さよりも寒さが苦手だ。
身体も心も消極的な動きしかできなくなるし、ようするに眠りたくてたまらなくなる。
脳の中で、ある部分が勝手に居眠りをしているのか、思考がスムーズに流れていかない。
情報を吸収する力もガタ落ちだ。
ごく簡単な文章でも、細心の注意と集中力、根気がなければ読めなくなってくる。
活字が単語のまま通り過ぎていき、文の意味を掴みとれない。

ときおり、力いっぱい両腕を振ってみたくなる。
そうすることで、体内に少しでも熱が発生すれば儲けものだからか。
しかし、それで生じた僅かな熱気は、全身を隙なく圧迫してくる寒気の前に明らかに非力。
一人で折れた刀を持ち構えようとする僕に、万の軍勢が士気高らかに押し寄せてくるようなもので、あっという間に飲み込まれてしまう。とにかく寒さが苦手だ。

春はまだ先、冬の真打ちもこれからのご登場だろう。

誰かが僕のために、炎のように燃え、温めてくれればいいのにと身勝手に思わずにはいられない。

[ 2015/12/27 22:01 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/200-69027185