スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イニシエーションラブ


イニシエーションラブが映画化されたようで、機会があれば観に行きたい今日この頃です。

原作のイニシエーションラブはとてもよくできていて、ミステリなのにちっともミステリっぽい事件が起こらないストーリーが、読み進めているうちにかえって不気味で、不安定な足場に立たされているような落ち着かない気持ちにさせられたものです。読む前からミステリであるということを知っていたので、結末はほぼ予想できてしまいましたが、それでも再読したくなる作品だったし、読み返せば読み返すほど、ちりばめられた伏線の上手さにうなったものでした。

あれは、小説ならではの叙述トリックだと思うので、それを映像で表現するというのが、それだけで価値あるチャレンジだと思います。どんな手法で描いているのか興味があるし、やっぱり観たいなぁ。よほど完成度が高くなければ、完全な駄作になってしまうと思います。それでもあれだけ宣伝をして、自信満々に公開されているんだから、きっと目から鱗のハイクオリティでまとまっているんでしょう。あまり期待しすぎるとがっかりするかもしれないけど、なんとなく成功しているんじゃないかって予感があります。

傑作といわれる原作の映像化は、当然リスクが高いですよね。もともと、小説と映画では表現できる部分が異なっているわけで、同じクオリティを期待するのが酷なのかもしれません。「違う」という前提で楽しまないと肩すかしをくらうけど、同じタイトルである以上、そのふたつをまったく違うものとして認識するのは難しい。たまに、原作もよくて映画もよいという作品があると、一粒で二度美味しいみたいな得した気持ちになれます。

良質の小説の映像化が成功するかどうかは、脚本の力もさることながら、演じる俳優さんの力量に依るところも大きいと思います。その人が出ているだけで傑作になりうる、そんな役者さんもいますし、反対に、その人が出ているだけで内容はいいのに迫力を失ってしまうというケースもある。たとえば、僕はSMAPの中居くんは決して嫌いではないけれど、彼が主演した「模倣犯」は、さすがに失敗だろうと思いました。ピースを中居くんに任せるのはミスキャスト以外のなんでもない。あれは脚本もどうかなと思いましたが、仮に脚本がどうであっても、中居くんのピースはちょっと違うって気がしちゃいます。

もちろん、個人的な感想ですから、あれを中居くんの代表作とする人がいても、それはそれで納得はしますが。

イニシエーションラブはどんな仕上がりなのか、とにかく気になってきたな。とりあえず観に行く時間はいまのところないので、小説をもう一度読み直してみようかな。

[ 2015/05/26 21:35 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/194-eebaff4e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。