スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本オリンピックと呼びたい


ある人のブログを読んでいたら、鳥取県をクローズアップしている記事がありました。

その記事によると(wiki pedia 引用)鳥取県の2013年現在の人口は約58万人だそうです。これは東京の杉並区よりも少しだけ多く、八王子市とほぼ同数だとか。地図を見れば一目瞭然、もちろん鳥取県は杉並区や八王子市よりも大きい。そもそも東京都よりも大きい。土地は広いのに人口は少なく、人口密度は圧倒的に低いということになります。そこまで読んだ時点で、もう少し詳しいデータ、それから他県に関する数字も欲しくなってきたので、検索して調べてみました。

このサイトで、全国の都道府県の人口・面積・人口密度が一覧できます。

それによると、鳥取の人口は全都道府県の中で最少、面積は41位、人口密度が37位となっています。人口が最下位なのに人口密度が37位というのは、もしかして健闘しているといっていいのか。ただ、人口密度で鳥取の下にいる県は、いずれも面積が上位20位以内に入っています。住んでいる人が少ないというよりも、面積が大きいので相対的に人口密度が低くなっているという考え方もできそうです。人口だけで見ると、46位の島根県との差が10万人以上という、頭一つ抜け出ての最下位だということがわかります。鳥取県とはなぜそれほど人が少ないんだろう。

鳥取といえば?と聞かれてまず真っ先に思い浮かぶのは「鳥取砂丘」で、申し訳ないことに、他にはなにも思いつかない。たぶん、そういう人はたくさんいるはず。冒頭に書いたブログで読んだのですが、鳥取は全国で唯一スターバックスが出店していない土地だそうで、それを気にした県知事が「鳥取にはスタバはないけどスナバ(砂場=鳥取砂丘)はあります」と洒落たことを言っていたらしい。そんなユーモア溢れる知事さんがいるのだから、もっと鳥取を盛り上げていきたいと切に願います。

とにかく、全国最少の人数しかいない鳥取、僕はまだ行ったことはないですけど、まず一度行ってみたいですね。そして、鳥取を盛り上げていく企画でも考えたいところです。

僕はもともと、日本という国のあり方において、関東に人が多すぎるという事実が嫌いで、東京が首都だということにも違和感を覚えています。さきほど紹介したサイトで確認すると、東京は人口と人口密度でダントツのトップ。面積はなんと45位。下から3番目なのに、人口数が1位というのは、どう考えても歪な形だと思うのです。世界に名だたる「東京」ですから、多少はよその県より人が多くなっても仕方ないんでしょうが、それにしても極端すぎますよね。

主要な機関はすべて23区内に密集し、首都直撃の大震災でも発生すれば、日本という国の機能は全面的にストップ。そうなる前に、もう何十年も前から提案されている首都機能移転、あるいは首都移転について、本腰を入れて話し合ってみてほしいものです。たとえば最高裁判所だけ鳥取に移すとか。

いや、わかるわかる。鳥取に最高裁判所があったら不便なのはよくわかるんですよ。
でもそれは、いまは東京にあるからであって、10年もすれば慣れてしまうしそれが当たり前になり、誰も「なんで鳥取に最高裁判所が?」なんて不満は持たなくなると思うんですよね。逆に、鳥取に最高裁判所があったらいけない理由なんてのが、もしもあるなら聞いてみたい。突き詰めればきっと、「東京が都会だしそこから離れたくないよ」という誰彼の思惑のみに帰結すると思います。

そんな感じで、まずは主要な公共機関を少しずつ地方に移転させて、東京の機能を分散させて頂きたい。自然、その土地にも人が増えてくるし、そうなってきたら機を見て鳥取ディズニーランドとか作ってしまう。全国の人口密度が平らになったらいいのにな。

なのでコツコツ、いまは地方と呼ばれてしまう各地の良いところを探して、盛り上げていきたいと思います。旅行に行って写真をとって、紀行文とか書いて少しずつでも影響を与えられると嬉しいなぁ。

[ 2014/01/20 21:35 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smshyness1.blog.fc2.com/tb.php/173-763101f0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。