うごがはは


言葉の響きはもう幾星霜を経て今日この音に定まってきているので、いくつもの音が淘汰され洗練されていく中で残るいまのそれは、意識してみると見事という他ないくらいにナチュラルで美しい。

美しいという意味を持つ「うごがはは」なんて新語を流行らせようと思っても、決して普及せずに消え去ってしまうでしょう。音をどこまで細分化していけるのかわかりませんが、K の音は鋭利で力強さに儚さをも含み、G だとなにか淀んだ印象を受ける。極楽とか極悪とかいうときの「極」は K も G も含んで超越的だし、学生にはどちらに転ぶかわからない危うさを感じたりもする。すべて後付けでどうとでも言えることだけど、僕が大別できるひとつひとつの音にはそれぞれの持つイメージがあり、それら音の集合体としての単語にも、連なって形作られるフィーリングがある。いくつも継ぎ足していけるから、無限の気持ちが世界にはあって、ピシャリと言い表せる感情は片手で数えるほどしかない。

一人で想ってすらそうだから、二人で話せば相乗効果。
何かを理解することなんて、本当はできないようです。

それでも何か確かなものが欲しいなら、片手で数えるレアでデフォルトな気持ちの追求を。
美味しくて気持ちいい。眠い。

[ 2016/09/13 22:45 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

主役は僕だ


9月に入って、急速に夏が過ぎた感があります。

昼間はまだ日差しが強いものの、体感気温はそれほど高くもない。
「蒸し暑い」の蒸しがとれた感じで、これが来週くらいには、暖かいに変わっていそうな気配もあります。
夕方、日が沈むのが早くなったし、その結果として夜の気温も低くなってきました。
これで一気に秋模様とはならないんでしょうけど、今年の夏はもう、ここにはいない。

四季のある国に生まれて本当に良かったと思うし、四季のない国でも何年か暮らしてみたいと思う。

一事が万事で欲望だらけ、尽きぬ気持ちと足りない時間。

どんな映画を観たいのか、考えながら目を閉じてみる。

[ 2016/09/03 22:30 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

成車


今日、通勤の途中、ごく当たり前の道路で対向車線の乗用車がひっくり返っていました。
カーブでもなんでもない、ただの真っすぐな道です。

ひっくり返るというのも、横転ではなく、車体の天井部分が道路に面して、文字通り「ひっくり返った」状態です。
毎日のように車を運転しているので、事故現場に遭遇することは何度もありますが、今日のような状況は、いったいどういう経過で発生することなんでしょうか。

車体はきれいにひっくり返っていたので、ひょっとすると運転していた人や同乗者は無事だったかもしれません。まだ警察の交通整理が始まっていなかったので、おそらく僕がそこを通る数分から10分前程度に起こった事故なんでしょうね。くばらくわばら。



[ 2016/08/30 22:13 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

スーパーマリオがやりたくて。


あっという間に8月も後半に差し掛かりました。

例年、仕事がハードな時期でもあり、体力的にしんどいですが、夏のゴールも見えてきたし、もうひと頑張りしようと思います。

先日、スーパーマリオブラザーズがどうしてもやりたくなって、特に、マリオ3なんですけども、なんとか入手に成功いたしました。わざわざスーファミ版を買わなくても、いまはほかにもプレイする方法はあるようなのですが、そのためのハードを持っていなかったのでスーファミ版を。もちろん、スーパーファミコン自体も持っていませんけど。

仕方なしに、最近よく見かける、ファミコン・スーパーファミコンの互換機を購入。
本当に使えるのかどうか、不安と期待が入り混じったまま電源をオン。
最初は真っ黒な画面で何も動かず、これはハズレかと思いました。
カセットを差し直したり、入力端子をいじっていたらあの素敵なメロディが。

マリオコレクションというソフトを買ったので、マリオ1から3までと、マリオUSAというタイトルがパックになってます。
これは存分に遊びつくせそうです。

それにしても、3やりたさで買ったマリオですが、1も十分に面白い。
もう何十年も前に、あのゲームをあの容量で完成させていたとは、作った人は今頃どうしているんでしょうか。
間違いなく歴史に残る、画期的な作品だなと思います。

[ 2016/08/17 10:22 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

柔らかい土を踏んで


久しぶりにブログを更新してみようかと思ったら、なんと今年初めての更新であることに気がつく。「今年」といってももう4月。年明けから色々なニュースが飛び交い、仕事も多忙であっという間の4か月でした。

このブログももちろん、インターネット上に存在するあらゆる情報発信ツールに関して、その可能性の大きさは認めざるを得ないとして、危険性を憂慮する声の小ささに不安を覚えます。

情報通信技術の目覚ましい進歩に使う側の良識や規律作りが追い付いていない状態で、大の大人が派生する事件や事故にあたふたとする様は、小学生がその場の流れでルールを決めては変えての繰り返しでやり続ける遊びを見ているようで、どこか一点に的を絞って指摘するのもヤボな気がする。悪く言えばエセ臨機応変の対症療法であり、根本の解決は先送りにしたまま目の前の出来事にのみ整合性をつけ、その単位はどんどんと小さくなり、分岐を繰り返すうちに関係者が増えて議論は広がり、誰も全体像がわからなくなる。ある瞬間を境に一瞬で破裂しそうな危うさを感じます。原理は違えどバブルの崩壊のように。

熊本の震災から幾日か経ち、いまだ被災地に食料や生活必需品の品薄状態は続いていて、これほど科学が発展した時代であっても、自然の前にはほぼ無力なのだと思い知る。日本のヘリの大半を被災地への物資搬送に使えばなんとかなるんじゃないのかと現実を知らぬ輩は平気でのたまい、それを暴論だとたしなめる声もどこが暴なのかはわかっていない。無知と無恥の合わせ技が得意な僕たちは、無責任に発言をすることをやめないけれど、開き直るも、認めぬも、どちらも愚かで差異はなく。


それはさておき。

先日、仕事場で使っているコピー機の点検に業者が来てくれた際のこと。作業完了の確認サインを、iPadの画面上に手書き入力でしました。紙の使用を節約するためなんでしょうね。地球も生き物も人も海も山も森も大好きだけど紙の匂いも大好きな僕は少し淋しくなってしまいますが、この気持ちは、







[ 2016/04/19 16:36 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

完成品を少しずつ壊す


職場の前に小さな広場があり、そこでいつも、幼稚園帰りの子供たちがはしゃいで駆け回っています。それを見守るお母さんたちはみんな一様に笑顔で、我が子がその全身を思う存分に使って動き回っているのを眺めている。無関係である僕も、幼い子供たちが身体の機能を精一杯に活用しているのを見ていると、わけもなく誇らしい気持ちになってくる。あの子たち、ずっとあのままでいられたら幸せなのにと無責任な感情を抱くけど、四季の移ろいがそれを許さないから、幸せの有り様が時間と共に難しくなる。
[ 2015/10/07 17:19 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

更新維持


すっかりご無沙汰しています。

書きたいことは山ほどあれど、時間と気力がそれに追いつかず、なんにも消化できないままで今現在に至ります。いつもながら、僕が怠けている間も更新を続けている方を見ると、本当に頭が下がります。

文章を書くということは、とても楽しいことで、僕の場合はストレス発散にもなります。いまも、こうして駄文を書き流しているだけで、気分は落ち着いてきますし。仕事の合間に、もはや気まぐれといっていい感じで書いていますが、キーボードを叩くという動作も、仕事の書類を作るのとブログを更新するのとでは全然違う。単純に愉快です。

まぁ、今日はこれくらいでやめちゃうんですけど、また頑張っていこうと思っています。
みなさま夏バテにはご注意を…。



[ 2015/08/14 20:45 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

イニシエーションラブ


イニシエーションラブが映画化されたようで、機会があれば観に行きたい今日この頃です。

原作のイニシエーションラブはとてもよくできていて、ミステリなのにちっともミステリっぽい事件が起こらないストーリーが、読み進めているうちにかえって不気味で、不安定な足場に立たされているような落ち着かない気持ちにさせられたものです。読む前からミステリであるということを知っていたので、結末はほぼ予想できてしまいましたが、それでも再読したくなる作品だったし、読み返せば読み返すほど、ちりばめられた伏線の上手さにうなったものでした。

あれは、小説ならではの叙述トリックだと思うので、それを映像で表現するというのが、それだけで価値あるチャレンジだと思います。どんな手法で描いているのか興味があるし、やっぱり観たいなぁ。よほど完成度が高くなければ、完全な駄作になってしまうと思います。それでもあれだけ宣伝をして、自信満々に公開されているんだから、きっと目から鱗のハイクオリティでまとまっているんでしょう。あまり期待しすぎるとがっかりするかもしれないけど、なんとなく成功しているんじゃないかって予感があります。

傑作といわれる原作の映像化は、当然リスクが高いですよね。もともと、小説と映画では表現できる部分が異なっているわけで、同じクオリティを期待するのが酷なのかもしれません。「違う」という前提で楽しまないと肩すかしをくらうけど、同じタイトルである以上、そのふたつをまったく違うものとして認識するのは難しい。たまに、原作もよくて映画もよいという作品があると、一粒で二度美味しいみたいな得した気持ちになれます。

良質の小説の映像化が成功するかどうかは、脚本の力もさることながら、演じる俳優さんの力量に依るところも大きいと思います。その人が出ているだけで傑作になりうる、そんな役者さんもいますし、反対に、その人が出ているだけで内容はいいのに迫力を失ってしまうというケースもある。たとえば、僕はSMAPの中居くんは決して嫌いではないけれど、彼が主演した「模倣犯」は、さすがに失敗だろうと思いました。ピースを中居くんに任せるのはミスキャスト以外のなんでもない。あれは脚本もどうかなと思いましたが、仮に脚本がどうであっても、中居くんのピースはちょっと違うって気がしちゃいます。

もちろん、個人的な感想ですから、あれを中居くんの代表作とする人がいても、それはそれで納得はしますが。

イニシエーションラブはどんな仕上がりなのか、とにかく気になってきたな。とりあえず観に行く時間はいまのところないので、小説をもう一度読み直してみようかな。

[ 2015/05/26 21:35 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

パワーアップ!!


連休が明けて、久しぶりに出勤してみると、仕事というのがいかにストレスなのかよくわかります。というのも、強烈な偏頭痛に襲われたからで、職場にいるというだけで、無意識に感じるストレスがあるんだろうなと。

しかし、そんな頭痛ごときに負けてはいけないので、これは気のせいだと自分に言い聞かせて頑張ってみる。

頑張るといえば。

先日、俳優の今井雅之さんが末期がんであることを告白していました。健康だった頃の面影はなく、やせ細った姿はとてもショックで、それでも復帰をあきらめない強い意志には感服しました。もし僕が同じ立場なら、仕事のことなんか忘れて好きなことをしたくなりそうな気がします。言葉の通り、命がけで取り組める仕事というのは素敵ですね。

で、その今井雅之さんの会見を受けて、当然のようにいくつも記事が書かれ、ヤフーコメント欄にもそれぞれの応援メッセージがたくさんついていました。その中で散見していた意見に、「彼はもう充分に頑張っているんだから、これ以上頑張れなんてとても言えない」といったものがあり、読んでいて違和感を覚えました。

何年前からか、「頑張れ」という言葉が、まるで悪意のある言葉かのような受け止め方をされることが増え、先に書いたように、「あんなに頑張っている人に向かって『頑張れ』なんてよく言えるな」といったセリフをよく見かけるようになりました。まぁ、それはそれでひとつの考え方でしょう。でも、その意見を他者に言う必要はないかなと思います。そもそも、頑張っている人に頑張れと言ってなにが悪いのか。

「頑張れ」を言ってはいけない状況もあるとは思うけど、実は稀で、自分で「頑張る」と思っている人に対して「頑張れ」というのは、たいてい純粋な声援として相手に届くものです。過保護だったり偽善好きな誰彼に限って、頑張れという言葉を否定しようとするんですね。「もう頑張らないでください」が効果的なシチュエーションもあれば、「頑張れ」がぴったりな場合もある。こないだの今井さんの会見を見て、今井さんに向かって「頑張れ!」と声をかけることは、決して悪いことだとは思えません。声援が力を生むことだってあるし。

なにがなんでも頑張れを連呼すればいいわけではない。臨機応変は必要だけど、甘やかしすぎもよくはない。ちょっと弱っている人がいるとすぐに「もう頑張らなくていいから」と言いたくなる人が多いですが、それは相手を楽にはさせても、強くはできない場合が多いです。とすると、次に同じ状況が生まれたときにまた困るだけだし、そのときもそのさきも、ずっとそばにいて「頑張るな」と言って面倒を見てあげられるならいいけど、そうじゃないなら、対症療法ではなく原因療法を選択すべきですよね。

たぶん、「もう頑張らないで」と「頑張って」という言葉は、同じ気持ちから自然に出てくるべき言葉なんでしょう。つまり、相手を思いやる純粋な気持ちから。そこにそれ以外の感情が混じってしまうと、ストレートに響かないで、ロクな結果にならない。現代では、至れり尽くせりに慣れすぎて、頑張るという言葉の意味が履き違えられていそうです。いまのままでは手に入らないなにかを手に入れたいのなら、自分が目指す自分にそのままではなれないのなら、頑張ることは確実にひとつの手段です。万能ではないけれど、無能でもない。家族や親友、医者でもないのに、安易に人に「頑張るな」ということの方がよくない気がします。

[ 2015/05/07 21:31 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

象はアリに無関心だけどアリはアリでいろいろあるし、お互いみんな大変な社会。


FC2 の関連会社の人が逮捕されたようで、FC2サービス自体は今後も問題なく運営されていくのか心配な今日この頃です。サイト設立当初からこちらのブログをレンタルしていたし、アクセス解析も利用してました。ほとんどすべてがフリーなので、非常に助かっていたのですが、見方を変えればいろいろと問題もあるんでしょうね。

報道を詳しく見ていないので、どういった状況なのかよくわかりません。
セックスをライブ配信したとかなんとか。
こんなこと書くと倫理観を疑われるかもしれませんが、それって違法なことなんですね。インターネット上には、数限りないセックスシーンがアップされているのに。性の問題について、違法とか禁止とか、絶対評価で決め事をするのに無理があるんだと思います。ただ、性の問題は、純粋な性の問題に収まらず、派生するその他の犯罪行為に繋がりやすいので、法を定めて整備していくしかないんでしょう。それに、きっとお金も絡んでいることなんだろうし、純粋に見せたくて見せたってことじゃないんでしょうから、あまり良い印象は持てないですね、僕は。

人は社会的な生き物だとよく言われます。もともと社会的だったわけではなく、進化と共に、自然に築かれてきたのが社会で、その中で暮らすのが人間なんですね。人間の歴史の中で社会の仕組みが出来上がってきたことは自然ですが、社会のルールひとつひとつを覗いてみると、不自然に感じることもちらほらとあります。ヒトと人との間で両方の定義を満たしながら生きようとすると、時々矛盾が生じて誰かが誰かを攻撃することになり、何かが何かとぶつかることになる。なんかもっとこう、大らかにいけたらいいのに。



[ 2015/04/25 22:55 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

ピシッ


最近、公務員試験の勉強を教えることがあって、普段はやらない範囲も多いので、自分でも仕事の合間にちょこちょこ勉強しています。大学に通っていた頃、ほんの少しだけ勉強したことがあるのですが、公務員試験の問題はさすがに、高校入試や大学入試で出題される問題よりも面白いですね。頭の回転や柔らかさを求められる問題が多く、試験範囲も膨大なため、単なる徹夜型の勉強を押し通しているだけでは対応できないと思います。もちろん、公務員試験にも種類があり、難易度はそれぞれ違うんでしょうけど。

数的推理の問題なんか、本当に面白いです。中学受験の算数に似たタイプの問題が多く、頭の体操としてもってこいなんですね。受験数学をやるよりもよっぽど楽しいです。

そんな風に楽しみながら勉強をしていると、昔は知っていたけど忘れていた知識や考え方を思い出すこともあり、まだまだ思考の幅を広げていけることが嬉しくもなります。それに、数学的な考え方は、結局すべての学問に応用していけるんだと思いますし。

スポーツで鍛えた運動能力も、使わないでいると錆びついてしまうように、頭もまた体の一部、使わなければどんどん鈍くなっていきます。逆に、使えば使うほど、使われることに慣れ、敏捷性を培っていくものなので、適度に鞭を入れつつ使い続けていきたいものです。

[ 2015/04/18 21:26 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)

もっともっと。


一念発起して、ブログの毎日更新を目指して頑張ろうかと。
毎日は物理的に難しい場合もありますが、少なくとも更新を怠けていると表示される広告なんてのは出てこないように、頻度を上げていこうと思います。

ブログ更新だけでなく、最近はやりたいことが多くて、時間の使い方をより効率的にしていかなくてはと意識します。出勤してからのルーティンも、見失いそうになっていたので再確認。綺麗に片づけられた職場というのは気持ちがいいもので、それだけでも仕事の能率がアップしていく気がします。清潔感を失うと男性としての魅力も半減していくし、気持ちを充実させて内からのエネルギーを体現していけるように頑張りたいものです。

清潔感というのは、新しさや高級さといった要素には左右されず、しかるべき姿を当然に維持していくスタイルから生まれてくるものだと思います。建物自体は古く、内装もそれなりに傷んできていても、日々の掃除や整理整頓がしっかりとなされていて、訪れるたびに「キレイだな」と感じるオフィスがあります。いま自分がいる場所も、そういうちょっとした感動を味わえる空間にしていきたいです。今日、いつもよりも少し時間をかけて仕事場の掃除をして、空気がとても澄んでいます。素晴らしい。

気持ちひとつで見える景色はどんどん変わっていくし、それが許される時代に生まれたことは本当にラッキーなことですよね。ラッキーにあぐらをかいてしまうと輝きはくすんでしまいそうで、だからいまある自分の周りを、もっと素敵なものにしていくための努力を忘れずにいきましょう。

[ 2015/04/14 17:17 ] 雑記雑文 | TB(0) | CM(0)